動物の家族達

最初の愛猫、小太郎 3年7ヶ月の生涯

2003年5月に生まれ、同年8月には我が家にやって来て、2007年1月に急死してしまった小太郎です。

3年半程度しか一緒に暮らすことができなかった、私にとっては初めての猫でした。

急死後、激しいペットロスに襲われました。こんなに小さな体なのにその存在感の大きさは想像をはるかに超えていました。

また別の猫を飼えば…と言った心無い言葉を浴びせられたり、たかがペット…というような周囲の無理解にさらされながら仕事を続け、日常を過ごすことの辛さを実感しました。

しかし、この仔との出会いと別れがあったからこそ、今の自分があるのだと信じています。

小太郎は、私にとって体は小さいけど存在感はとても大きなガイドなのです。

我が家の福猫、お福ちゃん。

2005年か2006年頃の生まれ。

2007年に愛猫の小太郎が亡くなって数ヶ月後に4匹の子猫を引き連れて我が家の庭に引っ越してきました。

子猫達は全員保護して、うち2匹を一緒に里子に出し、残りの2匹である太助と甘太はずっとうちの子です。

お福ちゃんは、まだまだお外生活満喫しつつも、365日我が家の2階の屋根付きポーチに3食付きのお家完備の一番自由で気ままな猫生活を送っています。

完全に我が家に入ってもらう時期をそろそろ考え中。

お福の息子達。

左側から甘太(かんた)と太助。

2007年5月頃の生まれ。お福が連れてきたのが、6月初めでした。

太助は、4匹のうち一番最初に私に慣れてくれた仔。何となく、一心太助のイメージが湧いてきたので、太助。

甘太は、一番小さくて甘えん坊だったので、母猫の側に置いておこうと思って手元に残した仔。甘えん坊だから甘太。

でも今では太助より強い!

2匹とも、外見はあまりお福には似てないイケメン猫。パパ猫がハンサムだったのかしら?

茶々丸。推定2009年頃の生まれの男の子。

2010年の暮れあたりから、我が家の近所に現れる。他の野良猫達をみんな追っ払うお福の目にかなったのか、スカウトされたのか、我が家の庭でご飯を食べることを許された唯一の野良猫。

その後2011年の2月に保護して、しばらくは里親募集をかけていましたが、なかなか貰い手が見つからず、結局我が家の三男坊となりました。

最初は女の子と思って茶々と呼んでいたのが、保護してみたら男の子。急遽、茶々丸という男の子名にしました。